通信添削、塾、個別指導塾・・

子供の勉強で学校以外のやり方っていろいろありますよね。

まず、親が教える...時間と心に余裕があればこれもいいかも知れません。

次に、自力でひたすらやる...できる子ならいいんですがねぇ。

通信教育...こどもちゃれんじ、とか、Z会とか...やってる人結構いますよね。うちもつまみ食いしてみましたが、長続きはしませんでした。

塾...うちの子はこれでした。ただ、気になったのは、与えられたものだけこなす...という癖がついてしまったような気がすること...かな。

個別指導塾...高いですよね。個別なので仕方ないですが。
本腰をいれるならこれがいいのかも。ただ、先生との相性の問題がありそうです。

さあ、2人目、3人目とどうしようかな...まだまだ思案中です。

さてと、オンラインゲームでもやろうかな。ここ最近はグランドファンタジアが面白い...かな。


posted by ドクター関塾 at 11:28 | TrackBack(0) | ドクター関塾

流行ってますね

ドクター関塾もそうですけど、個別指導塾ってお値段、高いんですけど、親御さんも切実なのか、ふつうの塾ではなくて個別指導塾に通っている人って結構いますよね。

東京個別指導学院とか明光義塾とか。

どこからお金が出てくるんですかね。

やはり、子供のこととなると財布のヒモもゆるゆるになってしまうということなんですかね。

まあ、うちなんかは、三国志のゲームにはまってるので、どやしてばかりなんですけどね。

そんなことばかりも言ってられないので働いてお金稼ぎますかね。

なんとなくシークレットブーツも買いたいなという気分になってきましたし...
posted by ドクター関塾 at 01:17 | TrackBack(0) | 個別指導塾

ドクター関塾

ドクター関塾(Dr.関塾)は全国に約250教室あるフランチャイズ形式の個別指導塾です。

昭和49年に大阪で住之江学習教室としての開塾がはじまりですが、その2年後からフランチャイズ形式を開始以降順調に東京そして日本全国進出を果たしてきました。

ちなみに、フランチャイズ形式の個別指導塾とは、指導塾の本部と各フランチャイズ教室の経営者が契約を締結し、経営者は本部から塾名の使用権や経営ノウハウなどをもらい、経営者はその対価にロイヤリティーを支払う塾のことをいいます。

また、Dr.関塾 ドクター関塾以外のフランチャイズ形式の塾としては、明光義塾、早稲田育英ゼミナールなどがありますが、最近はこの種の個別指導塾が増加する傾向にあります。
posted by ドクター関塾 at 14:54 | Comment(26) | TrackBack(8) | ドクター関塾

個別指導塾を選ぶとき

個別指導塾を家庭が選択する事情には様々な要因があります。

塾や学校などの集団の生活になじめなかったり、あるいは引きこもりがちなお子さんがいる場合、学校や普通の塾では受けられないきめ細かなフォローや社会との接点のきっかけとなることを期待して、個別指導を選択するご家庭が最近は増加しているようです。

個別指導とは一言でくくっても、2〜3人の生徒に対して1人の先生がつき、主に先生は質問に答えるだけの塾もありますし、学習カリキュラム作成からトータルに学習面を管理してくれるマンツーマン形式の塾もあります。

塾に対して先生との密接な連携を期待するなら、指導の形態をよく吟味してお子さんの現状にあった塾を選択するとよいでしょう。
posted by ドクター関塾 at 08:12 | ドクター関塾

個別指導塾と塾・家庭教師の違い

個別指導塾では、複数人で講義を受ける普通の塾とは違い、マンツーマン形式あるいは2〜3人の生徒に対して1人の先生が担当します。

塾で行うという点が、内容は同じでも、家庭教師と大きく違っている点です。

個別指導塾が近頃増えているのは、先生を比較的選びやすく、また、塾のシステマティックなフォローを受けられるという家庭側の安心感の存在が挙げられます。塾講師側にとっても、家庭教師と違って一日に複数の生徒を担当できるので、まとまった収入が得やすいという利点があり、双方の利益が合致して増加しているようです。

塾や家庭教師ではなく個別指導塾でとことん相性のよい先生を探すのも、子供たちの学習意欲を高めるには良い手かもしれません。
posted by ドクター関塾 at 08:12 | ドクター関塾

ドクター関塾 個別指導塾

個別指導塾は、学校の補習的な内容を、個々の進度に合わせてマンツーマン(もしくは少人数)で教えてくれる塾のことです。

近年、特にこのタイプの塾は増加してきましたが、ドクター関塾も個別指導塾の一つです。


個別指導塾の特長は、

(1)生徒のニーズに合ったカリキュラムが組めて、面倒見もよいこと、。

(2)先生を指名することができ、相性の良い先生を選べること。

(3)大人数の塾と比べて、先生が横にいるので勉強に集中できること。

(4)わからないところがあったら、すぐに質問でき、その生徒のペースで授業が受けられること、

などがあります。

 個別指導塾の短所としては、やはり、授業料が高めなことでしょう。マンツーマンの場合は、家庭教師なみに高額になってしまいます。

 ちなみに、家庭教師との違いは、個別指導塾は先生による偏りが少ないこと、塾としての受験データ・ノウハウの蓄積もあり進学指導もできることです。


 個別指導塾の長所と短所を知ったうえで、目的に合ったスタイルの塾を選びましょうね。
posted by ドクター関塾 at 03:47 | ドクター関塾
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。